no-image

レーザー脱毛とは違うミュゼの脱毛方法、S.S.C.方式ってどういうもの?

脱毛には種類があり、主に医療脱毛でおこなわれているレーザー脱毛、エステサロンでおこなわれているのは光脱毛となります。
ミュゼでおこなわれているのは、ジェルの上からライトを当て脱毛する、 S.S.C.方式(Smooth Skin Control方式)の美容脱毛をおこなっています。
どのようなものなのでしょうか。

S.S.C.方式とは

S.S.C.方式とは、安定したライトと脱毛の前に塗るジェルに含まれる成分によって肌を傷めないで、素早く脱毛することができる脱毛方法です。
脱毛で一番心配なのは、黒いものに反応する光が毛に反応してやがて毛が抜けていくことを目指していますが、同時に光を照射して一時的にやけどのような状態になっていることです。
肌の弱い人はすぐに赤みが出てしまったり、炎症を起こし痛みが出ることがあります。
S.S.C.方式ではライトを当てる前にジェルを塗ることにより、肌を守る効果が考えらえます。
今まで脱毛で肌の痛みが気になる人にとっては、より効果的です。

トリートメントにはミルクローションを使う

ミュゼの脱毛は、脱毛をするときだけでなく、施術後にもちろんケアをします。
独自開発のプラセンタエキスを配合したミルクローションを使って、肌を保湿していきます。
やさしくいたわりながら肌に保湿効果があり、美肌効果も期待できます。
脱毛は軽くやけどのような状態になっていることから、肌のトラブルを起こさないようにするためには、施術後の保湿のケアはとても大切なことです。
また自分でもアフターケアをすることにより、トラブルはさらに防ぐことにつながります。

S.S.C.方式とはミュゼの脱毛方法で肌にやさしい

脱毛では肌の痛みや後からのトラブルが心配ですが、ミュゼでは脱毛前のジェルのケア、脱毛後のミルクローションのケアをおこなって、肌の保湿をしっかりおこない、肌トラブルがないように工夫されています。